自慢の料理を職業に!

忙しく仕事をしながら家事をして子育てをしている人、一人暮らしで自炊している人はたくさんいると思います。仕事を終えてから献立を考えて食材を買って料理をするのはかなり大変かと思います。しかし、そういう人の中には料理が好きな人や得意な人もいるでしょう。毎日のその料理の経験を、これからは仕事にしていきませんか?仕事をして時間がない中で料理をしてきた経験、一人暮らしでお金のない中で料理をしてきた経験はさまざまな場所で生かせるはずです。

どんな仕事があるのか

料理に関する仕事にはどんなものがあるのか紹介していきます。幼い時から料理人を目指し、料理学校を卒業し、店で修行してから自分の店を開き料理長になる。そういった人とは状況がまるで違うので、普通の料理人以外の仕事を紹介します。 まずは料理教室の先生です。料理教室に通う大半の方は主婦です。今まで仕事をしながら料理をやっていた経験を、今度は自分が先生として伝えましょう。料理教室に通う人の中にはあなたと同じように仕事をしながら料理をしたいという人もいるはずです。料理の方法だけでなく、一度仕事を経験し働く人の苦労をわかっていることを生かして相談に乗ってあげたりすると、親しみやすい先生として評判を得られるかもしれません。 また、料理研究家の仕事もあります。そもそも料理研究家とはなんなのか。料理研究家とはその名の通り、料理について研究し、それを人々に伝達する仕事です。料理研究家になるに必要な資格などは特になく、率直に言うと、なるのは簡単です。「こうすれば料理研究家だ」という明確な基準はないので、名乗ってしまえばそれはもう料理研究家なのです。しかし、料理研究家として生計を立てていくには努力が必要です。まずは名刺を作りどんどん外に名前を売っていきましょう。どんなに料理がうまくても知ってもらえなくては意味がありません。興味を持ってもらうために、『アイデアレシピコンテスト』に参加したり、資格を多く取ったりするといいかもしれません。

一生料理を楽しんでいく

料理は生きていく上で一生自分と、そして家族と付き合っていくものです。とことん突き詰めてもゴールはありません。それを仕事としていくことで、家事で行う料理では得られない体験や知識、人との出会いもあります。料理を仕事にしていくのに一番必要なものは、料理を好きな気持ちです。好きという気持ちがないと絶対に続けられません。どんなときも、好きという気持ちを忘れないでください。