資格講座などによく医療事務ってありますけど、なにがいいの?

民間の資格講座などで必ずと言っていいほど掲載されているのが、医療事務の講座。医療事務は資格取得のための時間や費用が少なくてすむので、資格をいちはやくとりやすいので転職の際に、有利になりやすいです。しかし、病院関連の職に就くのが前提です。医療事務の資格は、安定しているので離職率が低いと言われている職種なので、入るまでが苦労するかもしれません。

医療事務の資格

資格はひとつではなく、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定、医療事務技能審査試験(メディアクラーク)、医療事務管理士、診療報酬請求事務能力認定試験、など実に10種ほどと言われるほど数多くあります。それぞれ代表的なものをあげると、診療報酬請求事務能力認定試験は、唯一の国家認定資格で、医療保険制度・診療報酬・医学知識・介護保険制度など幅広い知識が求められ、合格率30%の難易度の高い試験です。 医療事務技能審査試験は、年間受験者4万人以上の最大規模の全国統一試験で、医療費明細書の作成のほか、受付業務や院内コミュニケーションなど医療事務の総合力を審査する試験です。 医療事務管理士技能認定試験は、最も古い歴史ある試験で、医療制度・医学一般・保険請求事務と範囲が広く、レセプト作成の実技試験などがあります。

資格取得費用

通信講座や専門スクールに通学して取得することが一般的で、受講料は6万~10万円程度。資格によって、それぞれ 1~6ヵ月で受講料5万~7万円程度と費用と時間が節約できます。

医療事務の仕事に就くには

資格がなくても就職することはできます。しかし、募集要項などで、資格取得者や、実務経験のあるひとに限定されていることが多いです。医療の仕事は、 専門用語を多く使用します。そのため最低でも基礎知識がないと、業務に支障がでるということがあげられます。

収入・勤務時間

平均年収が年収300万円から400万円未満です。多いとは言えないですが、残業代などはきっちり支給されるところも多いようです。 勤務時間は病院の開院時間にあわせて、朝9時から夜18時ほどと、安定しており、休みも、1週間に2回必ず休みがあるか、シフトで1か月に8日間の休みがあるところが多く、安定しています。

仕事内容

医療事務の仕事は受付や診療費の計算だけでなく、カルテの管理や医事統計、診療報酬請求業務など幅広い仕事があり、スケジュール管理や来客の応対、書類の整理や郵便物の整理など多岐にわたります。