テレビ番組が好き、でもガツガツ働くのは嫌

テレビに関わる仕事は数多く存在し、テロップをいれたりする編集マンは、編集室でしか作業をしません。逆に外には一切出ることはありません。

家にいるようにできる仕事

テレビ番組を作っているのは大勢のスタッフです。ディレクター、アシスタントディレクター、カメラマン、音声、照明、メイク、スイッチャー、構成作家、デスク、大道具、特に制作すべてを取り仕切っているディレクターなどは休む暇もなく、寝る暇がないほど働かなくてはなりません。 なかでも、家にいるような感覚でできる仕事となると、編集マンという職種があります。 編集所でテロップや映像を加工している人たちです。編集所では、仕事さえできれば、髪型や服装も問われず、タバコやお菓子を食べたりしながらすることも可能です。

テレビ編集マンの仕事

編集所とよばれるスタジオで、ディレクターがある程度仕上げた映像に、テロップや色調整をして音以外の部分を最終形にします。ディレクターの指示のもと仕上げるが、細かな部分や、テロップはセンスによるところが大きいので、機転の利くアイデアを散りばめるのと同時に、スピードも要求される。

なるには

基本的には映像の専門学校を卒業してから、編集所に就職するのが一般的。 アシスタントとして数年経験を積んだあとは、晴れて一人前の編集マンとしてデビューできる。 編集ソフトは日々更新されていくので、基本知識はもちろんのこと、日々操作をマスターすることが最低条件だ。

勤務時間

編集作業は一週間24時間体制で行われることもしばしば。交代制で、2日通し勤務後、1日休みなど、定期的に休めるもの、不規則な生活を強いられることになる。

年収

300万ほどが平均。フリーになれば1000万近くも可能。

テレビ編集マンへの転職

テレビ編集の仕事につくには、時間も不規則なので、普通にサラリーマンとして働いている友人などと時間を合わすことができずらく、プライベートな時間も少なくなりがちです。まずアシスタントになるにも、平均20代前半で始めるので、30歳近くになると、編集マンの年上になったりするので、周りと強調してやっていくことが必要です。室内で行う作業なので、コツコツ作り上げるのが好きな人には向いています。家で見ていたテレビを作ることができるので、楽しみながらできます。なくはないはずなので、未経験でも可能な求人を見つけて、機材をマスターしましょう。