転職活動の要は、情報収集だ!

今の職場の環境に満足いかずに転職する人、新たな活躍の場を求めて転職活動をする人、同じ仕事でもより良い状況で働きたい場所を求める人、様々な希望があるかと思います。しかし、転職をするに当たって、必ず失敗をしてしまうという人は出てきてしまうものです。今回は、様々なケースで失敗した人の中から、 事前に工夫をすれば、転職の失敗を未然に防ぐことが出来たかもしれないというケースを紹介しましょう 

事前に防ぐために必要なポイント 

未然に防ぐことが出来る失敗は、一体どのようなものでしょうか。一番連想するものが、「こんな筈ではなかった」「こんな会社を期待していなかった」「聞いていた話と違う」というものではないでしょうか。これらの失敗に共通するものは、 情報収集をきちんとすれば、こんな失敗を招くことは無かったのかもしれない  ということなのです。しかし、そんなことを伝えたところで、情報収集はきちんとしているという声が聞こえてきそうですが、では、どういう情報収集をすべきなのでしょうか。

ネットの情報を鵜呑みにしない 

「ネットには、好条件で記載されていたのに何故、自分は違うのだろうか」と嘆いている方がいるかもしれませんが、ネットの情報は、あくまで1例なのです。たまたま採用された人の条件がその条件であった。という状況や、採用する会社が要求する条件に満たしている人の場合は、この待遇にするという場合もあります。これは、その人その人によって、条件が違うので、あくまで参考例にしておくのがベストです。ネットの情報は、あくまで一番良い条件のものであるという認識が必要なので、鵜呑みにしていると痛い目に合うのです。

気になる場合は、自分の足で 

情報収集の上で、必要な要素で、受け身にならないということも大切です。情報収集源が、リクルーターの意見、ネットの意見など色々ありますが、本当に信用出来ますか? もし、少しでもあれ?本当にそうなのかな?と疑う場合は、自分の足で情報収集するのも1つの手かもしれません。例えば、その企業情報について知りたいのであれば、その業界に精通している人に、内部事情を聞いてみるのも良いかもしれません。方法は、その人によってアプローチがありますが、受け身での情報収集をしているようであれば、それは非常に危険です。

 情報収集も積極的に 

今回は、情報収集に視点を当てて紹介しましたが、大切なポイントは情報収集も積極的に行っていかなければ、それが転職の失敗につながる可能性が大いにあるということです。 そのため、転職活動の入口でもある情報収集にも力を入れて自分の理想とする転職先を見つけてみてはいかがでしょうか。