フリーランスになったものの、なにから始めたらいいか

名刺を作ろう

これからは自分が看板になります。会社や役職の肩書ではなく、自分が表にたって活動していかなくてはなりません。配ることによって、相手に印象を与え、仕事をもらいやすくなります。 それと、人は、興味のない人や初めて会った人の名前など憶えていないものです。 人に名前を憶えてもらって、はじめてスタートできます。 作り方としては、自分で作る能力があれば、それをアピールする材料にもなるのでぜひ挑戦してみましょう。もしくは、ネットのプリントショップで既存のテンプレートや、デザインを持ち込みで注文できます。100枚単位で、数千ほどと低価格で簡単に作れます。キンコーズなどビジネスコンビニでも即時に作れるものです。

印鑑を作ろう

個人のものでもいいですが、屋号入りの印鑑をつくりましょう。 請求書や書類等に入れることで、信頼感や安心感につながり、ブランド力がでます。 ゴム印で3000円くらいで作れます。

請求書を作ろう

ひな形をつくっておくと楽です。ちゃんとしたものを作れば、クライアントの印象もよくなります。これを出さないと収入になりません。数字を打ちかえて使いまわせるようになると便利です。

ネット契約しよう

外出先での打ち合わせが突然はいったり、急な仕事で書類を書かなくてはならなかったり、ネットカフェに駆け込むのもいいですが、コストもかかるし、時間もかかります。 ポケットWIFiを購入していると便利です。携帯のデザリング機能でも可能ですが、一定を超えると、通信料が制限されます。

作業場を持とう

自宅をオフィスとしてつかうのが主という人がほとんどだと思いますが、 それだと、作業効率も低くなり、交流もなくなってきます。 コワーキングスペースなど、フリーランスが集まる時間制のスペースなどを見つけて、つながりをもつといいかもしれないです。もしくは喫茶店、ファミリーレストラン、知り合いの会社など、作業場所を変えてみるのもいいですね。

イベントやセミナーなどに参加しよう。

個人事業を同じように行っている人は多数います。そのような人が集まる、勉強会、講習会、起業セミナー、トークイベントなどネットの世界だけではなく、積極的に人とつながりをもって仕事につなげていきましょう。フリーになったら営業力が命です。仕事がない分、収入が減り、フリーで活動することができなくなってしまいます。